back to TOP

admin |  RSS
久しぶりに羽衣セキセイを巣上げしました。
YFシナモンバイオレットとDFホワイトの子たちです。
父親のシナモン因子は伴性遺伝なため、生まれてくるメスは全てシナモンが発現します。
母親はDF(ダブルファクター)なので、雛は全てスパングルです。


巻きが弱いかな~(^^;
DSC_2044.jpg

鳥ブログランキングに参加しています。
ポチッとお願いしますm(__)m ⇓
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
画像の子たちは、コザクラ アメリカンシナモンバイオレットオパーリン(左)、
オーストラリアンシナモンバイオレットオパーリン(右)の雛たちです。
バイオレットオパーリンに各シナモン因子が乗った表現型ですが、色合いが違いますね。
共にユーメラニンの変化に因るものですが、変化の仕方が違うようです。
DSC_1997.jpg



鳥ブログランキングに参加しています。
ポチッとお願いしますm(__)m ⇓
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
コザクラ ピュアホワイト雛を巣上げしました。
ずいぶん大きくなってしまいました(^^;
DSC_1930.jpg

こちらもコザクラ バイオレット系の雛です。
白っぽい2羽はオパーリンになります。
DSC_1932.jpg

鳥ブログランキングに参加しています。
ポチッとお願いしますm(__)m ⇓
にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村
Template by :FRAZ